<< 商店街・生協・大型店の流通ダイナミズム | main | 鉄道企業による新規事業の市街地へのインパクト >>

地域活性化を仕事にするためには。(13歳からのハローワーク的)

学生さんなどで、サークル活動など在学中に地域活性化に関する活動に取り組みながら、中々仕事にはできず、卒業と共にやめられてしまうことが大変多くあります。その中には、贅沢できなくとも生活ができるならば、地域活性化の仕事を続けてゆきたい、という思いを持ちつつ、泣く泣く就職される方もおり、惜しいと感じることもあります。
先日ブログに高校生から地域活性化の仕事につくためには、大学で何を勉強するべきか、というご質問をもらいましたので、私なりに知る限り地域活性化の仕事を整理したいと思います。13歳からのハローワーク的な感じになります。。

■地域活性化の仕事の実情
確かに地域活性化などは仕事として成就させるのは中々難しいのですが、専門家として活躍されている人もいます。大体地域活性化の仕事、という領域を定めるのも結構大変なのですが、大きくわけて

\賁膕箸箸靴特楼莖萓化に関わる (行政・民間)
∋業を通じて地域活性化に関わる(会社等に入る・独立する)

という2つの道、もしくはその双方を掛け持つ道があると思います。

,寮賁膕箸箸靴討
(行政)
・行政マン(官僚や自治体職員など)
・行政関連の専門機関(外郭団体など)
(民間)
・大学研究者(教授など)
・民間コンサルタント(○○総研や自分の事務所をもって)

があります。

その専門分野としては、
・都市計画
 行政が都市を作るうえで立てる計画について(開発、交通、合意形成など)の専門的研究。詳しくはこちら
・商業流通
 商店街活性化などについて、商業や流通分野の専門的研究。
・行政経営
 自治体の運営に関する専門的研究。

などが当てはまります。

■資格に関しては、資格があれば仕事があるというわけではありませんが、一般的には

・技術士(建設部門など) 詳しくはこちら
・中小企業診断士 詳しくはこちら

などがあります。

△了業を通じて地域活性化に関わる
という道では、地域活性化に必要な事業や取り組みを自ら始める、もしくは行っている企業・団体などに入るという道があります。
最近ではNPOとして各地に地域活性化に取りくんでいる人たちがいます。しかしながらまだ事業としては定着していないのが実情です。
再開発などの不動産開発を取り組んでいる企業やビル管理などのプロパティマネジメントを専門とする企業などは大手で色々とあります。また電気などのインフラ事業の企業も、地域開発に取り組んでいることもあり、部門によっては地域活性化に寄与することもできるかもしれません。地域活性化か分かりませんが、駅開発などが進んでいることから、鉄道系の開発事業会社も都市形成には関わることができる仕事といえます。

また別の道では、完全に自分で事業に取り組む道もあります。私やその仲間では、商店街やTMOの新規財源創出事業を開発する、という仕事をしたりしています。これは既存で取り組んでいる企業はないので、独自に開発して仕事にしています。自ら社会問題を認識し、それを解決する手段を事業として作り出してゆく、そういう道もあるわけです。日本ではまだまだマイナーですが、米国などではこのような社会的問題を事業で解決する、ソーシャルアントレプレナーと呼ばれる事業家たちがどんどん誕生し、成果をあげています。

■私なりの意見
私としては、これらの道を「一つ」に決める必要はないと考えています。また、どの道が優れているということもないと思っています。本質的には、自分が地域活性化というものにどのような問題があり、それをどのような手段を持って解決してゆこうとするか、その選択を職業選択を通じて行うのだと思います。
私自身、仕事しては\賁膕箸箸靴得策研究、⊂ε抗垢覆匹箸了業開発をしながら、大学院に通って新たな知識の吸収をしつつ、研究会などを通じて都市計画や商業流通など横断的に勉強しています。

私は高校1年から早稲田商店会のまちづくり活動にかかわり、政策や政治の重要性を感じたため学部では政治学専攻を選択しました。しかし学部時代に商店街ネットワークで地域活性化事業に取り組んだ経験を通じて、地域活性化に必要な国の政策などでは単に政治学から見る政策だけでなく、経営学から政策を見たり、現場の地域活性化の取り組みでも経営的な知識が必要だと感じ、大学院では経営学専攻をしています。
また机上の研究だけでなく、必要だと考える事業は自ら、仲間と共に開発するほうが良いと考え、事業開発にも取り組んできています。
私は、地域の抱える問題を民間が自立的な事業をもって解決したいと考えています。そのためには、新たな社会制度も必要であり、様々な分野の専門的知識も必要であると感じ、各種勉強をしているわけです。

また、地域活性化に寄与してゆくためには、すごいありがちな意見ですが、「知識と経験のバランス」が重要だと考えます。単に知識だけつけても意味がなく、かといって経験主義者になってしまっても柔軟な思考ができなくなってしまいます。時には、知識人からも非難され、現場の人からも非難されますが、その中間に立つ、もしくは時には知識を持った専門家として、時には現場で事業に取り組む事業家としての側面を持つことが私は重要だと考えているからこそ、こんな仕事や勉強の仕方をしています。
ただ、これも私なりの価値観なので、別に正しいというわけではなく、こういうケースもあると考えてもらえれば、と思います。

地域の活性化とは何か?というのも人によって価値観が異なりますし、それぞれの解決策の考え方、解決するための仕事も異なるわけです。その意味では、やはり学生時代には知識をつける、資格をとることともに、現場に入って自分なりの問題意識を醸成することも大変重要だと思います。

あんまり参考にならない説明になってしまいましたが、このブログを読んでくださっている方は、様々なフィールドで地域活性化に関わられている方ばかりかと思いますので、ご意見をいただければ、と思います。

コメント
ブログ拝見させていただきました!!!


私は、今まで地域活性化とか考えたことなかったのです。しかし、地元を離れて生活してて、やはり地元が一番いいと帰る度に思い、最近ではB級グルメのイベントがあり、地域の人々が自分達の地域活性化に向け頑張ってるのを見て心打たれました。

 
自分の好きな地元をもっと活性化させたぃ!!
もっと多くの人に良さをわかってもらいたぃと思うようになりました。
まだ全然あやふやなんですが、ちょっとずつ知識を増やし何かしたいと思いました。

  貴重なご意見読めて良かったです!!
  ありがとうございます☆
  • ろみ
  • 2009/09/24 12:00 AM
まさに悩んでいた部分で図星って感じでした。
私は東北学院大学の学生です。
宮城大学に授業を取り、風見先生にもお世話になりました。

今まで自治体職員や、社会起業家、企業のCSR担当の方など多くの社会人にお会いしてきましたが、自分が何処からアプローチしていきたいのか分からなくなってしまいました。

ぜひ詳しくさらにお話ししたいです。

  • さやか
  • 2012/08/05 12:16 AM
「僕らがいかにまちを変えるか」という話については、僕なりにステップを踏んで今のような仕事の仕方をしているので、それらをベースに今度本を出しますので、ぜひまちに関わりたいけど仕事とかどうすればいいんだろうという方は見てください。

悩んでいればいつでも相談に乗ります。そういう学生さんが今増加しているのを感じます。Twitterでもなんで聞いてください。
  • 木下@管理人
  • 2012/08/05 7:12 AM
以前からこのブログにお世話になっています。今年大学受験生の者です。
私は岐阜出身なのですが、高校に入学した頃から、自分の住む町をより良くしたいと、もっと県外の人にも岐阜の良さを知ってもらいたいと思っていました。
岐阜は、県外の人からも県内の人からも「何も無い」と言われる町。けれど、私はそうは思わないのです。この町がとても好きですし、「何も無い」のではなく、「ただ知らない」のではないか?とも思っています。
ですが、「好き」なだけでは何も進展しない。それは私だけの視点であり、他の人々が岐阜に目を向けてもらうためには、何か行動を起こさないといけないと感じていました。

岐阜は今、少子化が激しく、若者がとても少ない状況にあります。それは地元で生まれ育った若者が、都市へ出て行ってしまう事が原因のひとつではないかと私は考えています。
岐阜をより良くするために、若者に向けて岐阜をアピールしたい。
けれど、公務員では出来ることが限られると担任の先生から聞きましたし、若者の目を岐阜(地方)に向ける事は、意識や考え方から変えていかなければならないから、とても難しく、将来は別の道に進んで欲しいと両親からも言われました。

でも、私は諦めたくありません。とりあえず、町で行われる、まちづくりのイベントには参加したいと思っていますが、将来の道が明確に描けていないのは確かです。
自分の夢を明確にする為に、まちづくりに関わる方の話が聞きたいです。
長くなってしまって、とても申し訳ないのですが、私のような高校生でも、先生の公演会には参加できますか?
  • Nirthe
  • 2016/09/01 9:12 PM
私の講演などをお聞きになることは全く問題ありません。11/13に名古屋都市センターで講演する予定ですので、チェックしておいてください。

その前に私の本はひとまず全て読んでください。「稼ぐまちが地方を変える」「まちで闘う方法論」はすくなくともすぐに読んで貰えればと思います。おそらく、分析している少子化が問題だとか、若者が岐阜に目を向けていないから衰退しているというのは「問題ではない」ことに気づくと思います。

ひとまず本を読んでいただければと思います。わたしはTwitterやFBで情報発信していますので、そちらも確認していただければと思います。
  • 木下
  • 2016/09/03 9:20 AM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/09/03 12:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
お問い合わせ
Podcast配信
まちづくりの経営力養成講座Podcastを始めました。ArtWork
この画像をiTunesにドラッグアンドドロップするとpodcastとして登録されます。今後の更新の際に自動的にコンテンツダウンロードがされるようになり、便利です。
recommend
地方創生大全
地方創生大全 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
5刷。これまでの地域活性化政策を見直していけば地方創生政策における問題点と、打開策が見えます。本書はそれらを5つのポイントで整理して多数の事例をもとに解説しています。失敗事例から成果を収める事例を含めて包括的に理解していただくための一冊です。
recommend
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし (JUGEMレビュー »)
木下 斉
3刷。地域での挑戦をゼロから始める際に、どのような成長過程を経ていくのかを段階別で解説。それぞれのプロセスで発生する壁と乗り越え方を失敗と成功両論から整理しています。
recommend
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460) (JUGEMレビュー »)
木下 斉
10刷。高校時代から地域に関わり、その中での挫折とその後の再挑戦について纏めた一冊。その中で自分なりに意識している10の鉄則までまとめています。台湾版も出ました。
recommend
まちづくり デッドライン
まちづくり デッドライン (JUGEMレビュー »)
木下 斉,広瀬 郁
5刷。リノベーションまちづくりを解説した本。過去に蓄積してきた遊休不動産などの資産を活用し、低価格でも利益がでる環境をまちなかに実現しよう。郊外でもネットでも無理な魅力ある経営環境を構築しろ。その方法論と全国各地の具体的事例を示した一冊。
recommend
まちづくりの「経営力」養成講座
まちづくりの「経営力」養成講座 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
6刷。本ブログのテーマでもある、まちづくりを経営的に考えるための入門書。初めての単著本です。
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM