<< 特定商取引法に基づく表示、並びにプライバシーポリシー | main | 都市再生というシゴトのノマド化 (No.1002) >>

2013年、印象に残ったお店。

あけましておめでとうございます!
さてさて新年早々ですのでイキナリ重たいネタはあれなので、ちょいと軽いネタふりを。

2013年も仕事がてら様々な地域のお店にいく機会を頂きました。
まぁ全部を紹介しようと思うと際限がないので、その中で記憶に残ったお店をご紹介したいと思います。

1.男鮨(愛媛県宇和島市)
http://tabelog.com/ehime/A3804/A380401/38001465/



何につけても、印象に残ったのは宇和島の寿司屋「男鮨」です。
四万十ドラマなどに長らく関わってこられたサコダデザインの迫田さんに連れて行ってもらった店です。

勿論、鮨自体が「ねかせ」という熟成させたネタを使ったものがとても有名なお店。個人的に鮨は、硬い食感のネタよりも、ねっとりと舌の上で味わえるネタの方が好きなので、とっても満足しました。独自のねかせ技術で漁師の方と提携して長らくお店をされてきているものの、最初の頃は本当に色々と苦労が絶えなかったそうですが、最近ではこの「ねかせ」のネタを目的に来られるお客様が急増。予約ないと入れない日がかなり多いみたいです。「最近ネットってのはすごいよね。金沢とかからもわざわざ飛行機にのって店にきてくれるんだから」という大将のお話。

ぜひともカウンターに座って大将のお話を聞いて頂きたい。やはりお店にお客さんが来ない時は、出張握りをとても頑張ってされていたとか、今でも週1の休みだけで大晦日まで店は開店、正月も基本的に1日しか休まない。週に一度は穴子の仕込みでほぼ徹夜といったような、お話を色々と聞かせて頂きました。すごい気さくに色々なお話の中に、すごい新年も沢山あって、金に物言わせてくるお客さんが来ると、他のお客さんにも迷惑かかるからと、地元の若手経済団体などの出禁にしていたりと。

路地裏にある外観はこれといってお店ではないけれども、筋を通して経営をされてきた大将の姿勢が今の時代には全国に伝わり、各地からこれを目的に訪れるというのもよくわかるお店。本当にこういうお店を何十年と続けられるというのは頭の下がる思いになりました。


2.真名板(岩手県紫波町)
http://tabelog.com/iwate/A0301/A030103/3007404/



2013年に何度もお世話になった、岩手県紫波町のオガールプラザに入居している居酒屋「真名板-まないた-」。
盛岡市内では既に有名な居酒屋をいくつも経営されている若いオーナー兄弟の方が、自ら紫波町に出店された居酒屋で食べ物が生物にしても、焼き物にしてもうまく、そして何につけても飲み物がものすごく安い。普通に頼んだら普通なんだが、飲み放題が用意されていて確か1500円くらい払うと、日本酒とかが飲み放題になるのです。しかもケチケチしてない。日本酒なども全銘柄が飲み放題。ワインとか頼むとボトルでバリバリ持ってきてくれます。素晴らしい。

ここの店は20坪くらいしかないのですが、夏になると面している広場にも座席が拡張されて、オープン居酒屋に大変身。これもまた格別な環境。やはり商業施設って、結局こういう独立系のものすごく個性的な店があるとすごい吸引力につながるなーと思うんですよね。こういう勢いある店を経営している人が、地域でも注目されていくことはとても大切だなと思うところです。


3.瓢六(熊本県熊本市)
http://tabelog.com/kumamoto/A4301/A430101/43003899/



我が第二のホームともいえる熊本。私が高校3年の時に初訪問した際に食べて感動したのが「馬握り(ばにぎり)」です。
馬刺しというのは食べたことあると思うのですが、その鮨バージョンです。馬肉が上にのっかった鮨。めちゃくちゃおいしいのです。当たり前ですが。いい馬肉って、霜降り牛肉とかみたいな臭みとか全くないですし、脂がすぐに溶けてしまうので胸焼けとかに私は全くなったことがないです。

その中でも、この瓢六は馬握りの名店です。じもてぃの中でも評価の高いお店だけに、熊本にいって場握りを食べる際にはぜひ言っていただきたいお店ですね。


4.おかせい(宮城県女川町)
http://tabelog.com/miyagi/A0404/A040403/4012567/



ちょいと女川におじゃまする際に、ランチに訪れるお店ですが、激しくネタの"盛りがよい"お店。そこら辺の海鮮丼とは格が違うレベルでネタがもりもりです。さらにこれに毛ガニの味噌汁とかついちゃったりします。ジモティも訪れるだけに、観光客相手の飲食店とは異なってすごい、すごすぎる。。。

近くに行くことがある方にはぜひ訪れて頂きたいお店です。


5.日光珈琲朱雀(栃木県鹿沼市)
http://tabelog.com/tochigi/A0901/A090102/9012889/



たかが「かき氷」、されど「かき氷」。
2013年の夏にかき氷の価値観が変わりました。日光の天然氷を使っているんですよね。冬の間に自然環境の中でじっくりと作られた氷は、まったく違う食感を実現してくれます。この天然氷を使ったかき氷は、まさに口ですーーっと氷がとけていき、あの普通のかき氷にあるジャリジャリ感とか全くないんですよね。まさにすーーーすーーーすーーー、という感じ。シロップもちゃんと自家製のもの使っていて本当に美味しかったです。

日光珈琲さんの経営自体も、自分のところでお手製で店作りをしたりしていて興味深いことばかりのお店なんですが、2014年の夏もこの天然氷のかき氷を食べにいきたいと思っています。それだけの代物。


6.黄金寿司/揚子江(北海道札幌市)
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1001537/
http://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1008321/

 

えー札幌と言えばこの店を紹介せずにはいられません。
まあ有名な店なんですが、「中華料理屋」と「寿司屋」が一体化しているという、普通に考えたら、絶対にアカン店のジャンルですが、実際はとてつもなく美味い魚を食った後、締めにチャーハンとか食えるという食いしん坊涎垂の業態なのです。
札幌市郊外の発寒北商店街の土屋さんに連れて行ってもらってびっくらこいたのです。

それ以降何度かおじゃまして女将さんも、常連とか関係ないスタイルでされていて、まだまだ新参者の私にもとてもよくしてくださる方です。また2014年も再訪したいお店です。


7.あたりきしゃりき堂(大阪府大阪市阿倍野区)
http://tabelog.com/osaka/A2702/A270203/27012441/



2013年、AIA関西支部を共に立ち上げたパートナーの一人、サルトコラボレイティヴのオフィスにお邪魔した時に、木下がいつもfbとかでドーナッツを食べているのをみたスタッフの方が「木下くん、ミスドとか足元にも及ばないうまいのがあるよ」ということで、わざわざ買い出しに言ってくれたのが、このドーナッツ。

揚げたてモチモチのドーナッツ。。食べた瞬間にまじで惚れました。

今年も関西での打ち合わせの際には絶対に食べたいと思っています。


8.大通公園ビアガーデン(北海道札幌市)
http://www.sapporo-natsu.com/beergarden/



これは季節ものですが、毎年夏に札幌大通公園が全部ビアガーデンになります。
こんなに気持ちのよいビアガーデンというのはないと思っておりまして、やはり東京とか含めて汗だくで屋外で飲むみたいなのはつらすぎるじゃないですか。札幌の涼しい環境だけど、そこそこ昼間は暑いという絶妙な環境。ビアガーデンに最適なんですよ、この状況が。

ということで、真っ昼間からカンパーイ!をするのに最適な札幌大通ビアガーデンには今年も行きたいと思っとります。おすすめ。


9.はるや(福岡県北九州市)
http://tabelog.com/fukuoka/A4004/A400401/40006361/

 

「春菊」と「タコ」のおでん、そして「おはぎ」を食べずして、北九州での夜は終われません。
北九州にいったら必ず、このはるやのおでんを食べたくなるのです。

まず、絶妙な出汁の中に、さっと潜らせた春菊のしゃぶしゃぶとも言うべき代物は、小さくご主人が切ってくれますが、本当にうますぎます。春菊のほどよい苦味と出汁が絶妙。そして、続いて食べるタコの柔らかさが半端ない。。。

ここのご主人も本当に厳しさの中にも優しさを感じるとても温和な素晴らしい方。
すっかりファンです。

締めにはおはぎを食べておでんの出汁を飲んで出るのが個人的にはたまらないのです。甘さと塩気のコンビネーション。

北九州流のおでんは格別です。2014年も確実に再訪する店。


10. リンガーハット@ピエリ守山
http://tabelog.com/shiga/A2501/A250101/25003847/



さて、最後はネタ的ですが、既に閉店してしまったらしいピエリ守山のリンガーハット。
あまりにテナントなさすぎたけど、フードコートにあるというリンガーハットでちゃんぽんを食べました。
僕らが行った時には、店員さんはパイプ椅子に座っていたくらいなので、暇だったのでしょうね。そりゃ閉店します。。

本当に色々と考えさせられる商業施設です。

【宿】
番外編ですが、2013年宿泊した宿でのベストは山口の別邸音信。余裕のある空間とセンス、食事と温泉などの全てが素晴らしかったです。お世話になっている方に連れて行っていただいたのですが、本当に強い宿は人を遠方からも呼ぶなと認識させられたところです。今年も再訪したい。

別邸音信(山口県)
http://www.otozure.jp/
http://tabelog.com/yamaguchi/A3503/A350302/35005327/

さらに、海外での素晴らしいと思ったのは、以下のBase2Stay@liverpoolです。
元々倉庫のリノベーションホテルなんですが、地区が荒廃しまくったということで、ナイトタイムエコノミーに注力。この倉庫の半分をクラブにリノベーションし、もう半分をかっこいいホテルにリノベーション。料金も安いし、簡素な接客と設備のバランスがとてもよかったです。

Base2Stay(イギリス・リバプール)
http://www.base2stay.com/
http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g186337-d1821830-Reviews-Base2stay_Liverpool-Liverpool_Merseyside_England.html

まだまだ紹介したい店とか沢山あるのですが、ひとまずこんなところで。

そーそー、去年Kindleで読んだ「孤独のグルメ 【新装版】」もよかったです。漫画版のほうが演出が強烈すぎなくてよいですね。笑



今年も頑張ってまいりたいと思いますので、何卒よろしくお願い申し上げます。
 
-------------------------
毎週配信「エリア・イノベーション・レビュー」のお申込みはこちら。

コメント
コメントする









calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
お問い合わせ
Podcast配信
まちづくりの経営力養成講座Podcastを始めました。ArtWork
この画像をiTunesにドラッグアンドドロップするとpodcastとして登録されます。今後の更新の際に自動的にコンテンツダウンロードがされるようになり、便利です。
recommend
recommend
recommend
recommend
Kindle Paperwhite(ニューモデル)
Kindle Paperwhite(ニューモデル) (JUGEMレビュー »)

木下も常用しているkindle。ニューモデルもでてさらに高性能化しているみたいですね。薄くて軽くてディスプレイがEinkで見やすいのがメリットかな。
recommend
まちづくり デッドライン
まちづくり デッドライン (JUGEMレビュー »)
木下 斉,広瀬 郁
2刷。リノベーションまちづくりを解説した本。過去に蓄積してきた遊休不動産などの資産を活用し、低価格でも利益がでる環境をまちなかに実現しよう。郊外でもネットでも無理な魅力ある経営環境を構築しろ。その方法論と全国各地の具体的事例を示した一冊。
recommend
まちづくりの「経営力」養成講座
まちづくりの「経営力」養成講座 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
6刷。本ブログのテーマでもある、まちづくりを経営的に考えるための入門書。初めての単著本です。
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM