<< 「補助金依存の悪循環」(No.1003) | main | 「二度と呼ばれない講演」 (No.1005) >>

とあるヤマザキショップの奇跡 (No.1004)

コンビニって、複数の店舗を並列化して情報を統計的に分析し、物量によって規模の経済、範囲の経済を最大限に働かせるために均質化を行うところにその競争力の源泉があると思うわけです。
しかしながら、ゆるーいコンビニとして知られるのが、ヤマザキパンがやるデイリーヤマザキやヤマザキショップです。昔からまちにあったような酒屋さんとかがもっともハードル低くコンビニっぽくなれるみたいなところがあります。その反面、当然コンビニとしての競争力ってあんまりなくて、まぁヤマパン売ってるくらいしかないわけですが。。。

と思っていたら、知人がそんなヤマザキショップの中でも世代交代で、本部のコントロールが弱いことを活かしてローカルカスタマイズして魅力的になっている店があるという話を聞いて驚いたわけです。(詳しくは以下に埋め込んだFBのタイムラインを)
確かにここまでコンビニが多くなると、薬局とコラボしてみたり、とか色々とコンビニもしますが、店自体がもう少し自由度を図ると面白くなるところもあるのかなーと。勿論、やる人のセンスに依存するわけですが。

どちらにしても経営がうまく行っていない時は、「息子に任せる」ということが極めて大切ですね。なかなかできないことですが。

以下にうまく表示されない場合はこちらをクリック
 
 
 
◯追記 2014.1.16
期間限定だろうけど、以下のTBSの番組でこのお店が冒頭取り上げられています。

「コンビニ独自サービス続々 “長くとどまれる店”に」
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20140115-00000046-jnn-bus_all

-------------------------
毎週火曜配信「エリア・イノベーション・レビュー」のお申込みはこちら。

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
お問い合わせ
Podcast配信
まちづくりの経営力養成講座Podcastを始めました。ArtWork
この画像をiTunesにドラッグアンドドロップするとpodcastとして登録されます。今後の更新の際に自動的にコンテンツダウンロードがされるようになり、便利です。
recommend
地方創生大全
地方創生大全 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
5刷。これまでの地域活性化政策を見直していけば地方創生政策における問題点と、打開策が見えます。本書はそれらを5つのポイントで整理して多数の事例をもとに解説しています。失敗事例から成果を収める事例を含めて包括的に理解していただくための一冊です。
recommend
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし (JUGEMレビュー »)
木下 斉
3刷。地域での挑戦をゼロから始める際に、どのような成長過程を経ていくのかを段階別で解説。それぞれのプロセスで発生する壁と乗り越え方を失敗と成功両論から整理しています。
recommend
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460) (JUGEMレビュー »)
木下 斉
10刷。高校時代から地域に関わり、その中での挫折とその後の再挑戦について纏めた一冊。その中で自分なりに意識している10の鉄則までまとめています。台湾版も出ました。
recommend
まちづくり デッドライン
まちづくり デッドライン (JUGEMレビュー »)
木下 斉,広瀬 郁
5刷。リノベーションまちづくりを解説した本。過去に蓄積してきた遊休不動産などの資産を活用し、低価格でも利益がでる環境をまちなかに実現しよう。郊外でもネットでも無理な魅力ある経営環境を構築しろ。その方法論と全国各地の具体的事例を示した一冊。
recommend
まちづくりの「経営力」養成講座
まちづくりの「経営力」養成講座 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
6刷。本ブログのテーマでもある、まちづくりを経営的に考えるための入門書。初めての単著本です。
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM