<< あなたのまちにウルトラマンも仮面ライダーも来ない。 (No.1014) | main | 消滅可能性都市のウソ。消えるのは、地方ではなく「地方自治体」である。 (No.1016) >>

都市経済とその競争を理解する上で有効な5冊 (No.1015)

都市系の分野でも歴代いくらでも本はあるわけですが、都市の発展やマネジメントみたいな視点から皆で読んで議論する一筋の流れがある5冊を紹介します。これらを読んだ上で一定の都市というものの存在、それに必要とされる経済・経営的要素について議論するのは結構面白いと思います。

まぁ今更僕が紹介するまでもない5冊ですが、改めてこれらの一筋の流れを読み解くのは面白いのではないかなと思います。子どもたちは夏休みですし、大人もこれらを読んだ上で一つのレポートを書くという宿題でもやるのもよいのではないでしょうか。


◯ハワード「明日への田園都市」
言わずもがな歴史的な一冊ですが、個人的には実際の開発によって生まれる付加価値とそれによって開発費を工面したり、ランニングに対する費用とその負担構造など極めて経営的な視点が好きです。これみると計画が大切ではなく、あくまで計画が経営的に成立するものにするというノウハウが極めて大切だと思っています。




◯ジェイン ジェイコブズ「発展する地域 衰退する地域: 地域が自立するための経済学」
クリアランスに対する一定の問題提起と内発型の取り組み、市民参加のあり方について考えさせられる一冊。あんまり経済学的な説得力は感じないところではあるのですが、それでもこれもまた大きく都市系に影響を与えたものだけあるものです。




◯リチャード・フロリダ「クリエイティブ都市論―創造性は居心地のよい場所を求める」
都市競争を意識した一冊としてこれもまた有名な一冊。そもそも発展する都市にクリエイティビティという要素を整理したこと自体が、何を持って都市が発展していくのかということについて考えさせられます。ま、このあたりは都市競争の視点から同じようで、因果を逆にみている後掲のモレッティの年収は住むところで決まる、と連動して考えさせられます。




◯エドワード・グレイザー「都市は人類最高の発明である」
そもそも都市ってなんなのよ。都市がなかった時代の人類ってどうだったんだっけ。ということを考える上で、大変面白い一冊。まぁ都市礼賛という感じではあるものの、今は都市はダメ、地方がいいね!みたいな話とかが地域系ではよるでるものの、都市自体の機能的な素晴らしさというものを改めて考える上では有用。




◯エンリコ モレッティ「年収は「住むところ」で決まる ─ 雇用とイノベーションの都市経済学」
これは今年かなりヒットしている一冊。都市競争と産業と雇用というあたりを整理。アメリカ西海岸の不動産問題とか見ても、やはり産業だよねという話は納得感があるし、日本国内でも中部地域とかはやっぱり色々と事業開発が楽だったりするのも同じだなと。



ま、どれも読んで損はないですが、まとめて5冊とおして読んでみるのはいいと思います。
 
-------------------------
 
毎週火曜配信「エリア・イノベーション・レビュー」のお申込みはこちら。

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2016/01/04 7:06 PM
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
お問い合わせ
Podcast配信
まちづくりの経営力養成講座Podcastを始めました。ArtWork
この画像をiTunesにドラッグアンドドロップするとpodcastとして登録されます。今後の更新の際に自動的にコンテンツダウンロードがされるようになり、便利です。
recommend
地方創生大全
地方創生大全 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
5刷。これまでの地域活性化政策を見直していけば地方創生政策における問題点と、打開策が見えます。本書はそれらを5つのポイントで整理して多数の事例をもとに解説しています。失敗事例から成果を収める事例を含めて包括的に理解していただくための一冊です。
recommend
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし (JUGEMレビュー »)
木下 斉
3刷。地域での挑戦をゼロから始める際に、どのような成長過程を経ていくのかを段階別で解説。それぞれのプロセスで発生する壁と乗り越え方を失敗と成功両論から整理しています。
recommend
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460) (JUGEMレビュー »)
木下 斉
10刷。高校時代から地域に関わり、その中での挫折とその後の再挑戦について纏めた一冊。その中で自分なりに意識している10の鉄則までまとめています。台湾版も出ました。
recommend
まちづくり デッドライン
まちづくり デッドライン (JUGEMレビュー »)
木下 斉,広瀬 郁
5刷。リノベーションまちづくりを解説した本。過去に蓄積してきた遊休不動産などの資産を活用し、低価格でも利益がでる環境をまちなかに実現しよう。郊外でもネットでも無理な魅力ある経営環境を構築しろ。その方法論と全国各地の具体的事例を示した一冊。
recommend
まちづくりの「経営力」養成講座
まちづくりの「経営力」養成講座 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
6刷。本ブログのテーマでもある、まちづくりを経営的に考えるための入門書。初めての単著本です。
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM