<< 勉強させて頂きます、という傲慢。 (No.1013) | main | 都市経済とその競争を理解する上で有効な5冊 (No.1015) >>

あなたのまちにウルトラマンも仮面ライダーも来ない。 (No.1014)

ちょいと先日、フェイスブックに書いたのですが、流れてしまうのでブログにも一部変えて掲載したいと思います。

どうにも、全国各地のまち会社の事業開発で成果をあげるブートキャンプにでれば、北九州でのリノベーションまちづくりのエンジンとして開催しているリノベスクールを自分のまちで開催してもらえれば、わが町はそれだけでどうになると勘違いしている人が急増しています。

けど、その動きに、僕は既視感がある。「いつかきた道」だなと感じています。
 

かつて早稲田商店会でやっていた環境まちづくりも一定超えたところで、そういう人たちが殺到しました。
結果100箇所くらいがやったと思います。エコステーションという環境・販促の事業をやればうちのまちも活性化、みたいに勘違いをした人たちは、行政予算とかを引き出して、皆の町につくってしまいました。

しかし、作って終わった。

一部のひとたちは何か自分のまちでも、そういう「一つのこと」をイベント的に実施すれば、そのまま自分達が何もしなくても変化すると思っています。それを実現するのに必要な様々な細かな実務をやり切る覚悟がありません。交渉したり、頭をさげたりするのが嫌だから、補助金使うなといっても補助金使って、その金のちからで物事を解決しようとします。民間主導だといっても行政に主導させて、自分達はあくまで言われてやっているというスタンスをとったりします。取り組みとして持続可能にするためにもちゃんと儲けろといって、「そうですね」といいながらも、全く営業もせずに儲けない。

どんどん最初に取り組みを始めたメンバーは全国への広がりに違和感を持っていきます。

が、もう止まりません。同じような事業をやりましょうと煽動する変な業者やコンサルが山ほど全国各地で出てきて、全国各地に拡大していってしまいます。もう止まりません。

そして何が起こるか。そう、各地でうまくいかない事例が出てきます。

そうすると、「言われるようにやったけど、うちは活性化しなかった」「金だけとられた」「あれはだめだ」といった話になる。自分達は悪くない、人がわるいといって終わりにしてしまう。そして皆は、次なる流行りの活性化事業に目をつけて、視察見学し、予算をつけてパクっていく。そして失敗する。この繰り返しです。
 

こんなパターンは他の地域の様々な事業でも常々起きてきて、大抵は3年くらいの周期で全国的に流行っては終わっていった事業が沢山あります。
 

重要なのは、何かをやってもらおうとか、何かをやったらそれだけで活性化するなんて馬鹿げた幻想を捨てることです。ブートキャンプとリノベスクールだけで活性化するなら誰も苦労しません。自分で24時間365日考えて、動いて、その中で吐き出される結晶のようなものでしか成果にならない。日々やりつづけること自体に快感を覚えないと話にならないのです。

なんの義理も義務もない人様を頼りにして、自分の地域が再生するなんて思っているから衰退するんじゃないですかね。自分達しかいないと思えば本気になるんじゃないでしょうか。

多少地域で嫌われてもやり切る、多少損してもやる気ることも全く億劫じゃなくなるでしょう。自分達の地域、自分達の子供、孫、将来のためになるんだから決断できるんじゃないですか。

それもできないならもう終わりですから、もうどうにかしようとかいう、期待を捨てることですね。諦めるべきです。


どんなに願っても神様も、ウルトラマンも、仮面ライダーも、来ないのですよ。
もしウルトラマンも仮面ライダーもいたとしても、あなたの地域をわざわざ救ってくれるほど暇ではないから来ません。あなたの地域が消滅しようと、壊滅しようと、別に国民・地球民の多くは関係ありません。あなたのまちは特別じゃないんですよ。one of themにすぎない。いくらでも代替はあるし、人が減ってるのは、それだけ住んでる人でも見限ってるという話です。見捨てられていっているのです。地元の人にすら、あなたの地域は。外の人にとってなんの感情もありません。そもそもあなたのまち自体、多くの人は知りません。悲しいし悔しいけど、そうなんです。
  
だからこそ、あなたがやるしかないんですよ。あなたしかいないです。
  
あなたが本気で最期まで逃げ道さがさずにやる時に、縁もゆかりもないけど、様々な外部の人達も協力したいと思うんです。僕もそうです。自分でやりたいと思うから、どうにかして活性化させたいと思うから、仲間が集まり、共に各地の同志と全力で事業に取り組むのです。やるからには全力でやろうと思うんです。

そもそも成果をだす地域と出さない地域ってのは根本的にそこが違うんですよね。自分が自分で金出して、自分で考えてやってようやく真剣になるんです。自分もそうだったから心からそう言えます。

事業に関するノウハウなんてものは単なる薄皮饅頭の薄皮みたいなもの。ブートキャンプもリノベスクールもそんな程度のものなんです。けど、我々仲間がそれぞれ各地で自分達で挑戦してきた中から生み出したものです。

だからアンコがないやつにくれてやる薄皮も、ないのです。
 

-------------------------
毎週火曜配信「エリア・イノベーション・レビュー」のお申込みはこちら。

コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
お問い合わせ
Podcast配信
まちづくりの経営力養成講座Podcastを始めました。ArtWork
この画像をiTunesにドラッグアンドドロップするとpodcastとして登録されます。今後の更新の際に自動的にコンテンツダウンロードがされるようになり、便利です。
recommend
地方創生大全
地方創生大全 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
5刷。これまでの地域活性化政策を見直していけば地方創生政策における問題点と、打開策が見えます。本書はそれらを5つのポイントで整理して多数の事例をもとに解説しています。失敗事例から成果を収める事例を含めて包括的に理解していただくための一冊です。
recommend
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし
まちで闘う方法論:自己成長なくして、地域再生なし (JUGEMレビュー »)
木下 斉
3刷。地域での挑戦をゼロから始める際に、どのような成長過程を経ていくのかを段階別で解説。それぞれのプロセスで発生する壁と乗り越え方を失敗と成功両論から整理しています。
recommend
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460)
稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 (NHK出版新書 460) (JUGEMレビュー »)
木下 斉
10刷。高校時代から地域に関わり、その中での挫折とその後の再挑戦について纏めた一冊。その中で自分なりに意識している10の鉄則までまとめています。台湾版も出ました。
recommend
まちづくり デッドライン
まちづくり デッドライン (JUGEMレビュー »)
木下 斉,広瀬 郁
5刷。リノベーションまちづくりを解説した本。過去に蓄積してきた遊休不動産などの資産を活用し、低価格でも利益がでる環境をまちなかに実現しよう。郊外でもネットでも無理な魅力ある経営環境を構築しろ。その方法論と全国各地の具体的事例を示した一冊。
recommend
まちづくりの「経営力」養成講座
まちづくりの「経営力」養成講座 (JUGEMレビュー »)
木下 斉
6刷。本ブログのテーマでもある、まちづくりを経営的に考えるための入門書。初めての単著本です。
selected entries
categories
archives
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM